ビットフライヤー

ビットフライヤーの詳細(口座開設方法と手数料、セキュリティなどを解説)

更新日:

 ビットフライヤー

仮想通貨とかビットコインとか良く聞くけど、どうやってはじめればいいの?

そんな方に向けてこの記事を書いています。私も初心者でしたが実際の投資と勉強からおススメできる取引所を紹介していきますね!

仮想通貨に投資すること自体は簡単にできますが、リスクもあるし管理するにあたって注意しなければならない点も多くあるのでざっと読んでから購入してください。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは何?

ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番大きなビットコイン等の仮想通貨を売買できる取引所です。また代表を務める加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(http://jba-web.jp/)の代表理事も務めており、ブロックチェーン技術の発展に尽力している人物の一人です。

2014年に設立された比較的新しい会社ですが、大企業からの出資も多数受けており信頼度の高さはNO.1です。

こちらが主な株主の一覧です。大手の企業から出資を受けられるということは、それだけ成長が見込まれているという証でもあります。設立4年目の若い会社ですが、現在急成長中の取引所です。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)が扱う仮想通貨は次の通りです。現在発行中の仮想通貨は1000種類以上あると言われていますが、各取引所が扱うのはその中のほんの一部です。

仮想通貨一覧

  • ビットコイン(BIT)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナーコイン(MONA)  
  • LISK(LSK)

日本で一番大きな仮想通貨取引所です。仮想通貨の取引を始めるなら、まずはビットフライヤー(bitFlyer)の登録から始めましょう!

ビットフライヤーの登録方法

手始めに私もビットフライヤー(bitFlyer)に登録してみました。

登録の仕方について、順を追って説明します。

①メールアドレスの登録

まずはビットフライヤー(bitFlyer)の公式サイトにアクセスします。

ビットフライヤー公式サイト

公式サイトにアクセスするとこんな画面が現れます!!

こちらのメールアドレスにアドレスを入力して、まずはアカウントを取得しましょう。

メールアドレスは、できればYahooアドレスやGmailアドレスのようなフリーアドレスはセキュリティーの観点から避けたいものですが、私はフリーアドレスしか持っていないのでGmailで登録しました。

 

FacebookアカウントやYahooID、Googleアカウントでもアカウントを取得することができますが、セキュリティー上紐づけない方が良いでしょう。不正アクセスにて仮想通貨を盗まれた・・・なんてことになっても、保証はありません。

万が一のことを考えてアカウントは今まで使っていたものとは別に作成しましょう。

※ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントはメールアドレスのみで作成が可能ですが、今後本格的に仮想通貨の売買をする予定であれば情報登録まで済ませてしまいましょう。

②登録したメールアドレスに送られたキーワードを入力する

アカウントの取得が終わると、登録したメールアドレスに次のようなメールが届きます。

リンクを踏んで登録画面に進むか、送られてきたキーワードをコピーして入力画面に入力しましょう。

③各種確認事項に同意する

キーワードの入力が終わると、ようやく登録完了です。キーワードの照合が取れると、ポップアップで以下のような画面が出てきます。

利用規約等を読んで、チェックボックスにチェックを入れてから「bitFlyerを始める」クリックします。

ビットフライヤー1-4

④本人情報の登録

各種確認事項に同意すると、次のような画面がポップアップメニューに表示されます。

まずは本人情報の入力から行います。この本人確認入力画面は入力しなくても次に進むことができますが、仮想通貨の売買ができなくなります。ビットコイン決済のみの場合、仮想通貨の預入や送付のみしか行わない場合は個人情報入力は必要ありません。

ビットフライヤー1-5

個人情報の入力は以下の内容のみです。それほど時間はかかりませんが、入力ミスが無いように慎重に行いましょう。

ビットフライヤー1-6

⑤本人確認書類の提出

次に本人確認書類を提出します。提出と言っても、印刷して送るような面倒なことはありません。

画像ファイルをアップロードするだけで完了です!

 

本人確認書類は以下の中から自分で選択できます。

本人確認書類 一覧

・運転免許証

・パスポート(日本国が発行する旅券)

・個人番号カード

・住民基本台帳カード(顔写真あり)

・各種健康保険証 ・各種年金手帳(平成8年以前に発行のもの)

・各種福祉手帳

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

・在留カード

・特別永住者証明書

・外国公的書類(海外外国人用)

 

これだけあればどれか一つは絶対に持っていますよね(^^♪

私は運転免許証を登録しました。スマホで写真を取って、PCに転送してからアップロードする手間があったので、携帯から直接登録した方が楽かもしれません・・・(._.)

免許を登録すると、以下のように右側に写真がアップされます。免許証全体が写っていることを確認して、「ご本人確認資料を提出する」をクリックして次に進みます。

ビットフライヤー1-10

⑥取引目的の確認

次に取引の目的を登録します。該当する項目にチェックするだけなので、時間はかかりません。

ビットフライヤー1-13

⑦銀行口座の登録

そして最後に銀行口座の登録をします。

この銀行口座はビットフライヤー(bitFlyer)の口座へ送金するためのものです。勝手に引き落としがあったり、送金されたりなんてことはないので安心してくださいね♪

※銀行口座は後からビットフライヤー(bitFlyer)のホーム画面→「入出金」又は「設定」から登録することもできます。

登録する銀行口座の名義と、アカウント取得者は同じ名義であることが必須です!必ず本人の銀行口座を登録しましょう!

ビットフライヤー1-14

⑧自宅にてハガキを受け取る

全ての登録が完了すると自宅にハガキが送られてくるので、受け取って口座開設完了です!

ハガキを受け取った後は、ビットフライヤー(bitFlyer)の全ての機能が使えるようになります(^^)

 

ハガキ到着までは少しタイムラグがありますので気長に待ちましょう!私は登録後5日で自宅に届きました!

何週間しても送られて来ない場合は、ビットフライヤー(bitFlyer)に問い合わせてみましょう。

ビットフライヤー登録後のセキュリティ強化

登録が完了したら、次にセキュリティ強化のために「パスワードの変更」と「二段階認証の設定」を行いましょう。

大事な資産を守るためにも、セキュリティ強化は迅速に行いましょう!

①パスワードの変更

まずはパスワードの変更を行います。

変更方法は、ビットフライヤーのホーム画面の「設定」→「パスワード変更」と進みます。

ビットフライヤー2-3

※現在のパスワードは一番最初に送られてきた確認メールに記載されています!!

新しいパスワードはセキュリティ強化のためにも、良く使うものや個人情報から連想されるものなどは避けましょう。

 

できればパスワード生成ソフトなどを使って自動生成されたパスワードを使うと安心です!「パスワード生成ソフト」と検索するとたくさん出てきますので、お好みのものを使ってくださいね。

私はルフトツールズ(LUFTTOOLS)を使っていますが、セキュリティ強化されたパスワードを作成するのに非常に役に立っています。

②二段階認証

二段階認証は必須項目ではありませんが、セキュリティ強化のためには不可欠です!

二段階認証とは字のごとく、パスワードを二段階にするという意味合いです。単にパスワードを入力するだけでなく、携帯電話などに送られたコードをさらに入力しないとログインできない仕組みになっています。

自分の大事な資産を守るためにも、パスワード変更のついでに二段階認証の設定も済ませてしまいましょう!

 

二段階認証の設定方法は、ビットフライヤーのホームページ画面左から「設定」→「セキュリティ設定」の順に進みます。

「二段階認証の設定を変更する」をクリックすると、登録したメールアドレスにコードが送られてきます。

このコードを確認画面に入力することで、設定変更が可能となります。

ビットフライヤー4

「確認コードの取得方法」は、「認証アプリ」「SNS」「メール受け取り」の3つから選択できます。

セキュリティをより強化するのであれば、使い捨てのパスコードが発行できる「認証アプリ」を使った二段階認証をおすすめします。(その場合スマホが必要です!)

 

認証アプリを使って二段階認証を設定するためには、まずは推奨されている認証アプリをインストールする必要があります。

手順通りにインストールしてから、認証アプリを起動して初回のみ二次元バーコードを読み込みます。すると画面上に6桁の数字が現れます。その数字(コード)を「確認コードを入力」に入力して設定は完了です。

ビットフライヤー5

意外と簡単に設定できるので、仮想通貨の取引を始める前に設定しておきましょう!

ビットフライヤーの手数料一覧表

ビットフライヤーを利用して行う取引等の手数料一覧です。

手数料については、各取引所の自由設定となっています。取引所によって手数料が異なりますので事前に確認しておきましょう。

アカウントにかかる手数料

アカウント作成手数料 無料
アカウント維持手数料 無料

ビットコイン売買手数料

ビットコイン簡単取引所 0.01%~0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料※
Lightning FX/Futures

アルトコイン売買手数料

Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
LLightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所 無料※
イーサ(イーサリアム・クラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所

※キャンペーン中につき、予告なく変更されることがあります。詳しくはビットフライヤー手数料一覧をご覧ください。

その他の手数料

ビットコイン送付手数料
※ bitWire を除く

0.0008BTC
bitWire 利用手数料 無料
クイック入金手数料 324円/1件
入金時銀行振込手数料 各金融機関による

日本円の出金手数料

  出金額3万円以上 出金額3万円未満
三井住友銀行 216円 432円
三井住友銀行以外 540円 756円

ビットフライヤーのセキュリティ対策は万全か?

ビットフライヤーセキュリティ

ビットコインなどの仮想通貨を日本円で売買できるのが仮想通貨取引所です。ただし銀行と大きく違うのは、あくまで取引を仲介する場所であるということ。

ですからセキュリティ管理も自己管理が原則です。ハッキング被害などで資産が流出してしまっても、銀行と違い法的な補償はありません。

このような被害に合わないようにするためにも、仮想通貨取引所を選択する際には慎重に行い、セキュリティ管理は厳重に行いましょう。

金融庁・財務局の登録を受けた仮想通貨取引所を選ぶ

仮想通貨取引所は金融庁・財務局の登録を受けて事業を行う登録制事業となっています。

安全性を見極めるためにも、仮想通貨取引所を利用する場合は事前に登録を受けているかチェックしてみましょう。

仮想通貨交換業者登録一覧(平成30年1月17日現在)

ビットフライヤーは平成29年9月29日に登録が済んでいます。登録済みであるということは、しっかりと基準をクリアしているということ。

一つの安心材料になりますね(^^)

パスワードを使いまわさない

セキュリティを強化するために非常に大切なのが、パスワード等の自己管理です。

登録方法の際にも説明しましたが、SNSや他のWEBサイトなどのログインパスワードを使いまわすのは絶対にやめましょう!

 

他のサイトから流出したメールアドレスやパスワードを利用して、不正にアクセスされる可能性があります。

よりセキュリティを強化するためにも、パスワードは自動生成ソフトを利用し、簡単に推測されない不規則な暗号を使うことをおすすめします。

二段階認証を登録しよう

パスワードを使いまわさないだけでなく、二段階認証の登録も推奨しています。

なりすましによってログインされたときのためにも、仮想通貨の取引を始める前に設定画面から登録しておきましょう。

 

二段階認証を登録すると、仮想通貨の引き出し申請や送付先アドレスの変更申請があった場合など、確認のメールが届きます。

二段階認証を設定しているとログインの際など少々手間は増えますが、資産を守るためにもセキュリティ対策は万全に行っておきましょう。

ウォレットを使って安全に

ビットコインウォレット

仮想通貨は「ウォレット」というものを利用して保管します。「ウォレット」とは言わば財布のような役目を持つものです。

先にもお伝えしましたが、銀行と違って仮想通貨に補償はありません。適正なウォレットを選択して、自己管理をする必要があります。

 

 

ウォレットには大きく分けて二種類あります。

「ホットウォレット」と言ってインターネット上に保管するもの。そしてもう一つは「コールドウォレット」と言ってインターネットとは切り離して補完するものです。

インターネット上に保管してあると便利ですが安全性は劣ります。切り離して保管すると安全性は高まりますが取引時にインターネットにつなぐ手間がかかり、また破損や紛失などのリスクもあります。

 

先日、大手取引所コインチェック社から仮想通貨の一種「NEM」が流出し、たくさんの人が被害にあうといった事件がありました。被害にあった人達は購入した仮想通貨をコインチェック社のマイページなどオンライン上で管理するホットウォレットを利用していた人です。

ウェブ上から切り離したコールドウォレットに移動しておけば、今回のコインチェック社の事件のように、ハッキング被害にあった際に資産を守ることができます。

 

どちらも一長一短ありますが、長所・短所を見極めて自分に適したウォレットを選択することが大切です。

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」についてのまとめ

冒頭にもお伝えしたように、ビットフライヤーは日本最大手の仮想通貨取引所です。

扱っている仮想通貨の種類は、6種類と数としては多くありません。しかし世界で一番取引量の多い「ビットコイン」を始め、「イーサリアム」などの主要アルトコインも扱っています。

まずは手始めに「ビットコイン」を購入してみたい!という仮想通貨初心者にはとても使いやすい取引所です。

 

金融庁の登録を受けた安全性が高い取引所ですが、仮想通貨は被害にあっても補償はありません。セキュリティ対策は自らしっかりと行っておきましょう。

ハッキング等の被害にあった時に、面倒だからといった理由で仮想通貨取引所にそのまま仮想通貨を置いておくと全ての資産が失われる可能性があります。ウォレットを使うことでそういったリスクは防げます。

購入した仮想通貨はそのまま取引所に置いておくのではなく、ウォレットを使って安全に保管しましょう。

資産を増やしたい方や、未来への投資を考えている方は仮想通貨の可能性を感じられるチャンスが訪れているのかもしれません。私もその一人ですが・・・(笑)

 

ビットフライヤー公式ページはこちら

-ビットフライヤー

Copyright© 初心者主婦が仮想通貨に投資していくブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.